<復縁メール※例文付き>元カレ・元カノを気にならせるテクニック集

当サイトをはじめて訪問された方へ

復縁,メール,気にならせる,テクニック,例文,復縁した人

 

当サイトは、topページからの続きとなっております。
途中からでは、テクニックに誤解を生んでしまうかもしれません。
正しい、復縁メールテクニックを学びたい方は、正しい知識は身につくと思いますので、
お手数ですが、はじめから、ご覧頂ければと思います。

 

理解を深める為にはじめから復縁メールテクニックを学ぶ→

 

元彼・元カノを惹きつける細かいテクニックC

復縁,メール,気にならせる,テクニック,例文,復縁した人

 

 

さて、メールテクニックもいくつか紹介してきましたが、
きちんと、理解できているでしょうか?

 

まだまだ、ご紹介していきますので、しっかりついてきて下さいね。
では、はじめます。

 

今回は、元カレ・元カノを気にならせるメールテクニックを紹介します。

 

ファーストメールから、徐々に、彼・彼女の警戒心をとってきましたが、
今度は、彼・彼女の気持ちを、こちら側に惹きつけるテクニックを身につけていきす。

 

ポイントは2つありますが、このページではそのうちの1つを身につけましょう。

 

元カレ・元カノを気にならせるメールテクニック@

 

今回の講義は、彼・彼女を気にならせることが目的です。

 

ここで、そのやり方を話してしまうのは簡単ですが、
それでは、復縁に必要な、考える力が養えません。

 

面倒だとは思わずに、ここでも少し考えてもらいます。
では、こうしましょう。

逆にあなたが彼・彼女のことが気になってしまうのでは、

どんな時ですか?


あなたが気になってしまうことを、彼・彼女にやれば、
彼・彼女もあなたのことを、気になると思います。
後で、正しい答えはお伝えしますので、大変かもしれませんが
考えてみてください。












自分の答えは出しましたね。
それでは、答えの発表です。

 

あなたが、どんな時に彼・彼女のことが気になってしまうか?
それは↓

彼・彼女の情報を断片的に知った時です。
言い方を変えると、一部の情報しか、分からなかった時
すべての情報を、伝えられていない時なのです。

分かりやすく、例を出してみます。


元カレ・元カノを気にならせるメールテクニック例

たとえば、SNSなどで、彼がこのような情報を、
アップしたとします↓

今日、久しぶりにディズニー行ってきたぞ〜♪

 

半端じゃなく人が多かったけど、やっぱ、夢の国、最高!!
モヤモヤした感情が、スカッと晴れた感じ。
あまりにも、テンション上がったから、来月は、ディズニーシーに
行くこと決定〜。

 

今から、こんなテンションで大丈夫か?
俺!!

 

この情報を、あなたが知った時、どう思うでしょうか?

 

  • ディズニーって、誰と行ってきたの?
  • モヤモヤした感情って何?
  • 来月も行くって、もしかして、彼女できたの?

 

もし、これがリアルな彼・彼女の、SNSでアップされた情報でしたら、
このような疑問が、山のように押し寄せてきませんか?

 

多分、不安で、不安で、凹んでしまうと思います。
最悪の場合、メールをしてしまうかもしれませんね。

 

このすべての情報をさらけ出さないことが、
今回の元カレ・元カノを気にならせるメールテクニックなのです。

 

ポイントは、自分の情報はすべてさらけ出さないことです。

 

 

 

これは、女性にありがちなことなのですが、一番やってはいけないことは、
メールで、自分の情報をすべて伝えてしまうこのです。

 

先ほどのメール、すべての情報を入れて作り直してみます。

 

今日、久しぶりに、賢治と雄貴と男3人で、ディズニー行ってきたぞ〜♪

 

半端じゃなく人が多かったけど、やっぱ、夢の国、最高!!
会社の上司に、毎日チクチク小言を言われてたけど、モヤモヤした感情が、スカッと晴れた感じ。
あまりにも、テンション上がったから、来月も、男3人でディズニーシーに
行くこと決定〜。

 

今から、こんなテンションで大丈夫か?
俺!!

 

どうですか?
これだったら、あまり気にならないと思います。
欲しい情報が、入っているので、読んでいて安心感があるのです。

 

特に“誰と”との情報は、重要ですね。

 

同じディズニーでも、女性と行くのか、男性と行くのか?
人数は、大人数なのか、少人数なのか、2人っきりなのかでも、
印象は変わってきます。

 

肝心な部分は、オブラートに包むなどして、彼・彼女には伝えないようにしましょう。

 

では、元カレ・元カノを気にならせるメールテクニック
2つ目のポイントを見ていきましょう↓