<復縁メール>彼・彼女から返信メールが来ない※テクニック例文付き

当サイトをはじめて訪問された方へ

復縁メール,テクニック,例文,文例,返信,来ない,内容,期間,

 

当サイトは、topページからの続きとなっております。
途中からでは、テクニックに誤解を生んでしまうかもしれません。
正しい、復縁メールテクニックを学びたい方は、正しい知識は身につくと思いますので、
お手数ですが、はじめから、ご覧頂ければと思います。

 

理解を深める為にはじめから復縁メールテクニックを学ぶ→

 

元彼・元カノを惹きつける細かいテクニックB

復縁メール,テクニック,例文,文例,返信,来ない,内容,期間,

 

ここまで、元彼・元カノを惹きつける細かいテクニック@Aとお届けしてきました。
今回は、元彼・元カノを惹きつける細かいテクニックBをお届けして参ります。

 

彼・彼女から返信メールが来なかった時のテクニック

 

ノウハウ通りのメールを送ったとしても、返信がない場合はあります。
その時は、まずは、テクニックAで学んだ、相手の環境を考えていきましょう。

 

相手が忙しい場合では、待つことが最善の選択となりますし、
明らかに、彼・彼女が連絡を取りたくない意思表示をしている場合は、
期間を空けるのが、最善の選択となります。

 

ですが、どちらにも当てはまらない。
または、判断がつかない場合、いつまで待ってても、復縁はできませんので、
再度、こちらからメールを送る、必要が出てきます。

 

その際の今回お伝えする、
彼・彼女から返信メールが来なかった時のテクニックを使っていきましょう。

 

では、ポイントを今から、話していきます。

 

ますは、前回のメールからの期間

最低でも、2週間は空けましょう。
1週間程度でしたら、単純に忙しい場合もありますし、
後で、後でと、思っているうちに、1週間経ってしまった場合もあります。

 

そんな状況で、連続してあなたからのメールが届いてしまったら、
引いてしまいますよね。

 

そうならない為にも、最低2週間は空けるのが無難です。

 

メールがなかった事に触れるべきか

連続でメールをする場合、前回メールの返信がなかったことに
触れるべきなのか、触れないべきなのか。

 

結構、デリケートな部分ですので、困りますよね。
では、どちらが正解なのでしょうか?







答えは、彼・彼女の性格によります。

 

大雑把な彼・彼女であれば、返信について触れる必要はありませんし、
細かい性格の、彼・彼女であれば、触れたほうがいいからです。

 

返信内容はどうするのか

では、返信がなかったことを入れる場合、
どのように入れていけばいいのか、例文を載せていきます。

前回メールの返信がなかったことに触れる例文

返信が来なかったことに何度も触れてはいけない

 

とにかく、返信がなかったことをクドクド書かないで、
明るく、気にしていない様子で送ることです。

 

では、やってみます。

 

OKメール↓

元気〜、
連続投稿、お許し下さい^^

 

この前、○○(友人)と久しぶりに会ってさ〜、
年甲斐もなく、朝まで飲んじゃたよ〜。

 

○○も、●●(彼・彼女)と会いたがってたよ〜。
時間あったら、メールしてあげてね。
では、また。

 

2行目で、軽くだけ触れているのが分かりますか?
触れるとしても、この程度で大丈夫です。

 

間違っても、返信がなかったことをしつこく触れないでください。
それと、暗くなるのもNGですよ。

 

NGメール↓

元気〜、
何度もメールしちゃってごめんね。
自分でも、抑えなくちゃいけないと分かってるんだけど、
どうしても、メールしたくなちゃうんだよ・・・。

 

ホントごめん。
●●(彼・彼女)は、もう私とはメールしてくないと思うかもしれないけど、
許してね。

 

この前、○○(友人)と久しぶりに会ったんだ。
年甲斐もなく、朝まで飲んじゃって、朝帰りだったよ。

 

○○も、●●(彼・彼女)と会いたがってたから、今度3人で、飲みに行かない?
時間あったら、メールしてね、では、また。

 

6行に渡って、謝罪と返信メールはなかったことについて
書いてありますよね、しかも、暗い内容・・・。

 

どういった理由で、返信がないのか分かりませんでの、勝手な判断で、
自分で理由を決めつけないようにして下さい。

 

あくまで、軽〜く、明るい内容がベストですよ。

 

では、次に進んでいきましょう↓