<復縁メールテクニック>※相手の警戒心を解くメールの内容・書き方

当サイトをはじめて訪問された方へ

復縁,復縁メール,警戒心,最初,久しぶり,内容,書き方,間隔

 

当サイトは、topページからの続きとなっております。
途中からでは、テクニックに誤解を生んでしまうかもしれません。
正しい、復縁メールテクニックを学びたい方は、正しい知識は身につくと思いますので、
お手数ですが、はじめから、ご覧頂ければと思います。

 

理解を深める為にはじめから復縁メールテクニックを学ぶ→

 

相手の警戒心を解くメールの内容・書き方編

復縁メールでは、相手に告白するのが目的ではなく、
相手と二人で会えるような仲になることが、目的なことは理解できたと思います。

 

では、その過程であるステップ@
相手の警戒心を解くには、どのようなメールを送ったらいいのでしょうか?

 

別れの際や、別れた後、彼・彼女にしつこく復縁を迫ってしまったりすると、
あなたからのメールに、彼・彼女は警戒している場合が多いのです。

 

  • また、復縁を迫られるのではないか?
  • 付きまとわれるのではないか?
  • ストーカーに変貌するのではないか?

 

ストーカーは言いすぎまもしれませんが、少なくとも、
あなたからのメールに、警戒していることは多いのです。

 

そこで、今日の講義では、復縁相手の警戒心を取り去る
復縁メールの基本的な書き方を学んでいきましょう。

 

では、はじめていきます。

すでに友達に戻っていて、普通にメールできる仲にまで回復している方は、
サラッとだけ、目を通して、今の自分の状態に当てはまるところまで、
進めてください。

ファーストコンタクトのメールの書き方

まず、何度も話しているとおり、復縁相手は警戒している場合が多いです。
特に、別れたくないとすがってしまった人に、この傾向は強く出ています。

 

ですから、ファーストコンタクトでは、当たり障りのない内容を送り、
復縁相手の警戒心をチェックするのが、第一歩となります。

 

別れ際に揉めてしまったり、ギクシャクしてしまったり、
メールの無視や、音信不通状態になってしまっている人は、
最低でも、元彼・元カノとの連絡は、3ヶ月は空けてから実践してください。

 

ファーストコンタクトで送る、メールの内容は

明るく
短く
相手が返しやすいこと

を心がけて送るようにしてください。

 

未練があることが、少しでも相手に伝わってしまったり、
まだ、相手が警戒していたりすると、返信は返ってきません。
この場合、また、一定の期間をおいた後、同じようなメールをしてみるのがいいでしょう。

 

ただし、相手がたまたま仕事などで忙しく、返信するのが面倒だと感じている場合もあります。
別ページでも書きますが、返信がないからといって、焦る必要はありませんので、
安心してください。

 

ファーストメールのテンプレートは以下の通り

挨拶+近況報告+質問
例)久しぶり、最近、仕事が忙しくて、めまぐるしいけど充実した毎日を過ごしています。
  そっちは、どうですか?

 

では、次のページで、細かいテクニックや注意事項などをお伝えしていきます。
さらに、正しいメールテクニックを学んで、復縁を成功させましょう↓